3ヶ月分買取例

*お客様は、毎月前月発生分の診療/介護報酬を社保・国保へご請求

  1. ①お客様は弊社に診療/介護報酬債権を譲渡します。
  2. ②弊社は前月・当月の発生済み債権及び翌月の将来発生債権を買い取りますが、それらに掛目(過去の平均月額の70%~90%)を掛けた金額から割引料を控除した金額の合計3ヶ月分を一括で支払います。
  3. ③譲渡人・譲受人の連名で譲渡通知書を社保・国保へ送付します。
  4. ④翌月以降の下旬に社保・国保より、診療/介護報酬が弊社に入金されます。
  5. ⑤弊社は社保・国保からの入金額より、当初支払額(割引料を含めた)を控除した額と翌月発生する将来発生債権の買取額を支払います。

月額3000万円の診療/介護報酬債権譲渡の場合の具体例

①基本条件(月額 診療/介護報酬の3ヶ月分を流動化すると想定)

期間: 1年
金額: 平均月額請求額×掛目×3ヶ月
掛目: 80%(案件毎に設定)
割引料: 年率換算8%(案件毎に設定)
(※実際には、取組時に別途事務手数料を頂戴致します。)

②譲渡時お支払金額(実行日を当月末と想定します。)

前月分買取 3000万円×80% ー (2400万円×8%×1/12) = 23,840,000円
当月分買取 3000万円×80% ー (2400万円×8%×2/12) = 23,680,000円
翌月分買取 3000万円×80% ー (2400万円×8%×3/12) = 23,520,000円
以上合計 71,040,000円(月額債権の実質2.4ヶ月弱分の一括お受取)

③翌月以降支払金額

翌々月分買取 3000万円×80% ー (2400万円×8%×3/12) = 23,520,000円

④受取、清算後お支払金額(国保・社保からの実際の入金額合計が2800万円と想定)

28,000,000円 ー 24,000,000円 = 4,000,000円

合計: 27,520,000円

当社審査資料

~ 下記のうち「2」及び「6」を頂戴出来ましたら、仮審査させて頂けます ~

お客様の診療/介護報酬債権の流動化を検討させて頂くにあたり、主に以下の資料(写)を頂戴し、取り組みの可否、スキーム、掛目、追加担保・保証の内容を決定させて頂きます。

  1. 1. 月額報酬包括請求書(国保・社保・介護)- 過去2年分
  2. 2. 診療報酬当座口座振込通知書(国保・社保・介護)- 過去2年分
  3. 3. 納税証明書(過去3年分)
  4. 4. 病院報告(患者票・従事者票・施設票 最近のもの)
  5. 5. 厚生労働省立ち入り検査指摘事項、医師監視結果(最近のもの)
  6. 6. 確定申告書写し(過去3期分)+直近の試算表
  7. 7. 資金繰表
  8. 8. 現在の債権譲渡先とのご契約書(債権譲渡先ご変更の場合)
  9. 9. 登記簿謄本(商業・不動産)
  10. 10. 医療法人設立定款
  11. 11. 病院施設概要
  12. 12. 保険医登録証または保険医療機関指定通知書
  13. 13. 医師免許証
  14. 14. 組織図

基本的にはこれらの資料の検討に加えて関係者と面談をお願いし、事前調査させて頂きます。
また提携先の医療コンサルタント会社により、現地調査及び担当者へのヒアリングを行う場合もございます。
これらに加え、地域性などを総合的に勘案し、取り組みの判断をさせていただきます。

ご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。