猛暑日予想、熱中症注意=気象庁

気象庁は19日、東北地方南部から九州にかけて、35度以上の猛暑日になる所があるとして、高温注意情報を発表した。正午までに観測した最高気温は、大阪市と大阪府八尾市37.1度、愛媛県大洲市37.0度、和歌山県かつらぎ町と大分県日田市36.9度。

気象庁は水分や塩分を小まめに補給し、冷房を使うなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。
12:36 JIJI PRESS時事通信社より
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071900424&g=soc

■気象庁 高温注意情報■ 気象庁ホームページより
https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/kouon/