「トラベルクリニック」とは?

旅には病気やけがが付き物。とはいえ、できる限りそうした事態は防ぎたいし、万が一、旅先でトラブルに遭っても駆け込み先があると安心だ。そんな旅行者の味方となるのが「トラベルクリニック」だ。国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)トラベルクリニックの金川修造医師に利用法などを聞いた。

 ▽予防注射以外も
 トラベルクリニックは渡航前の予防接種だけでなく、診療も受け付けている。海外旅行からの帰国後、体調が悪くなった人や来日した外国人にも対応、必要に応じて他の診療科や医療機関の紹介もする。「トラベルクリニックは『国境を越えて移動する人』の健康に関するあらゆることを担う存在です」と金川医師。
 旅行前の診療では、渡航先の衛生環境や流行している感染症などの情報を踏まえ、気を付けるべき点をアドバイスする。

 必要なら予防接種をするが、金川医師は「まず過去の定期予防接種に漏れがないか確認することが必要です」と話す。ただ、日本では予防接種記録などを持っている人は少ないため、金川医師は大人にも子どもにも母子健康手帳を持参するよう求めているという。

 「定期予防接種の対象となる病気は、海外でも感染リスクが高いものが多いので、抜けているものは任意接種で受けてもらった上で、渡航先に応じたワクチンも接種してもらっています」

▽旅先での病院探し
 特にシニア層が海外旅行をする場合は、旅行前に主治医に相談することが鉄則。常備薬などは海外ではすぐ手に入るとは限らないので多めに持っていくことが大切だ。荷物をなくしたり、盗まれたりする可能性もあるので、小分けにして複数のかばんに入れておくとよい。

 旅先で病気になった場合、自分で医療機関を見つけるのは至難の業だ。金川医師は「海外旅行保険に加入していれば、現地での入院先の手配や日本への移送手段の確保についてトラベルクリニックと保険会社が連携して行ってくれることがあります」とアドバイスしている。

 日本渡航医学会のホームページ(http://jstah.umin.jp)には、同学会の会員が診療を行う国内外のトラベルクリニックや帰国後診療に対応している医療機関のリストを掲載しているので参考にしたい。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)
時事メディカル(2018/09/13 10:00)より https://medical.jiji.com/topics/686?page=2