News

最新情報

2020/10/28

インフルエンザワクチン 26日から高齢者以外も接種呼びかけ

今年は新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されるインフルエンザのワクチンについて、厚生労働省は重症化しやすい65歳以上の高齢者の方などが確実に接種を受けられるよう、10月1日から優先して接種を呼びかけてきましたが、10月26日からはそれ以外の人にも摂取を呼びかけています。

特に医療従事者や持病のある人、妊娠中の女性、生後6か月から小学2年生までの子どもは、早めに接種を受けてほしいとしています。

厚生労働省 季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い