News

最新情報

2020/12/09

75歳以上の医療費負担2割、22年10月から。対象範囲の最終調整で難航

政府・与党は4日、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担について、年収170万円以上の人を対象に、負担割合を現行の1割から2割に引き上げる方針を固めました。
対象範囲については、公明党が「年収240万円以上」への絞り込みを主張しており、詰めの調整を行いましたが結論はまとまらず、決着を持ち越しました。

政府は同日夜の全世代型社会保障検討会議で最終報告を取りまとめる予定でしたが、調整が不調に終わったことを受け、開催を取りやめました。 

時事通信社